ウォシュレット
最近ではほとんどのトイレに標準設置されている「ウォシュレット」。
便器の形状やトイレルームばかりに気が取られて、ウォシュレットの事を考える前にトイレの仕様選定が終わっているケースはよくあります。
その結果、無難なウォシュレットを取りつけるわけですが、後からいろいろウォシュレットについて情報が入ってくると後悔するものです。
一応は知識として抑えておく方が、トイレライフの役に立ってくると思います。

【ウォシュレットを選ぶポイント】
大きく分けて3つあります。
「快適性」「経済性」「付加機能」です。
「快適性」は、ウォシュレットの水流などが快適かどうかということです。メーカーによって水の出方は違ってきますので、お尻にあたったときの感触も変わります。どのメーカーの水流が自分に合うかどうかは、コンビニやホテル、ショールームなどに行って実体験するのが一番と考えられます。

【各メーカの個人的な感想】
個人的な感触としては、イナックスさんが直線的で勢いがあり、パナソニックさんとTOTOさんはやさしいような感じがします。

二つ目の「経済性」は、電気代と水道代です。特に電気代は機種によって大きく変わってきます。冬場はウォシュレットで使う水を温水にすると思います(温水洗浄便座)。従来のウォシュレットは貯湯式で、常に電気代がかかっていました。
しかし、最新タイプの物は瞬間的にお湯を沸かして供給してくれます。その電気代の差は、1年で2000円から3000円と言われています。家族が多いほどその節約効果は顕著に表れてきます。
また便座自体の温め方式も最新の物は、瞬時に温めてくれるタイプがあり、これも電気代に大きく影響してきます。
「付加機能」については、フタの自動開閉や消臭機能、音楽等があります。
現在市販されているトイレは、安いものは10万円を切りますし、高額な物は40万円を超えるようなトイレも販売されています。
予算が20万円と考えていても、参考までに40万円のトイレを見ておくと将来の勉強になります。

リフォームで後悔したくなくて色々調べているあなたへ自宅のリフォームをした後で「失敗した」と後悔しない為に大事なのは【信頼して工事を任せられる業者】に出会う事。 これさえ出来れば不安なくリフォームを進められます。

≫ 柏市で「地域で信頼されている」評判の良いリフォーム業者とは?

柏リフォーム情報ブログ関連記事:

トイレのウォシュレットにこだわってみてはいかがでしょうか

家の中の空気を綺麗にする換気ダクトの重要性